南アフリカでのワークショップを開催しました

2018年3月26日

<img title="180301-2TOP.jpg" src="/_files/00264280/180301-2TOP.jpg" alt="180301-2TOP.jpg" />

 3月1日、南アフリカの首都プレトリアにある南ア国立土壌・気象・農業研究機関(ARC)中央オフィス大講堂において、JSPSの二国間交流事業による研究課題「気候変動と土地利用変化を踏まえた日本・南アの表流水の水質に関する将来シナリオ」の最終成果発表の場としてのワークショップをARCと共同で開催いたしました。
 当日は50名以上の研究者や行政関係者などの参加のもと、得られた研究成果の発表を行うとともに、両国の水資源の展望について活発な議論を行いました。
 また翌日は、自然保護公園内でのリラックスしたバーベキューミーティングを行い、今後の協力関係についての討議も行いました。

 なおワークショップ当日は、在南ア日本大使館後援のもと、山口参事官にご挨拶いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

戻る