しまね大交流会2018に参加しました(12/15)

2018年12月18日

<img title="181218TOP.jpg" src="/_files/00285674/181218TOP.jpg" alt="181218TOP.jpg" />

 山陰、島根で活躍する企業・自治体・高等教育機関がブース出展し参加者と交流する「しまね大交流会2018」が、12月15日(土)にくにびきメッセで開催されました。当センターからは矢島教授、南助教、金助教、川井田が参加し、センターの概要や各部門の研究内容について紹介をしました。
 本交流会は若者をメインターゲットにしており、当日は中高生や大学の初年次生が多く参加していました。当センターのブースにも多くの若者が来てくださり、エスチュアリーの物理環境や生物の生態について積極的に質問をしたり、メモを取ったりしていました。未来を担う若者たちにとって、本交流会がエスチュアリーの環境や生物に興味を持ってもらうきっかけとなり、将来の進路選択にとって有意義な機会になっていれば幸いです。(文責:川井田俊)


熱気溢れる場内、ブースの様子


学生の質問に当センター教員たちが丁寧に答えました


興味津々に説明に聞き入る学生たち


左から齋藤センター長・川井田助教・矢島副センター長・金助教・南助教

島根大学のHP記事はこちら

戻る